お知らせ » メディア情報

ホーム » お知らせ » メディア情報 » 主力商品をバージョンアップし、米進出を目指す

主力商品をバージョンアップし、米進出を目指す

2002.08.30

2002年8月号 岡山中小企業情報

同社は食品加工機械の製造メーカー。主力商品は、1994年に自社開発した、世界で唯一と自負する切断機能を持つ「スーパーダイナカッター」である。国内市場では約15%程度のシェアを持ち、着実にその占有率を伸ばしてきた。以前から自社製品PRのため「国際食品工業展」に出展していたが、2000年の展示会では海外からの具体的な引き合いがあり、県中小企業支援センターの専門化派遣事業を利用して、始めてイギリスへの直接輸出を行った。これをきっかけにアメリカ市場への進出を目指し、経営革新に取り組むこととした。
同社では、同機械の処理能力のアップを図るとともに、アメリカ農務省の衛生基準に適合するよう仕様を変更。2001年9月にラスベガス市で開催された食材機械展示会「IEFP」に出展し、商談が成立するなど成果をあげている。今後も国内およびアメリカでの展示会に積極的に参加し、市場動向を測るとともに、新たな販路開拓を目指すこととしている。

 

この記事をPDFで読む

コピーライト

c 2016 NANASHIMAYA ENGINEERING CO.,LTD.

PAGE TOP